アスタリスクで束ねた、好きの羅列。

バックボーン

食べること。

 

お肉が大好き。脂っこいものも。

 

ステーキもハンバーグも焼肉も大好き。

 

マクドナルドは好きを超えた場所にいる。

 

ショートケーキもミルフィーユもプリンもタルトも好き。

 

果物では苺が一等好き。

 

 

 

 

綺麗なもの。

 

向日葵の花。

 

ビー玉。

 

くるぶし。

 

揺れるイヤリング。

 

つやつやな黒髪。

 

陶器のような肌。

 

電球のやさしい光。

 

ガラスの上を滑っていく泡。

 

空はランダムなパレット。

 

真っ青な海に羊が泳いでる。

 

沈む夕焼け。私の家から毎日見える。

 

 

 

 

感触。

 

とぐ前の白米の山。

 

手袋の隙間から入り込む寒風。

 

猫の額。

 

労働を知らない手のひら。

 

本をめくる時。

 

女性のくちびる。

 

すべすべした肌のぬくもり。

 

つま先を互いにこすり合わせる。

 

 

 

 

人。

 

笑顔の可愛らしい人。

 

自分を犠牲にしない人。

 

媚びない人。

 

膝小僧をつけて座る人。

 

性欲を向けてこない男性。

 

甘えさせてくれる女性。

 

ご機嫌を自給自足できる人。

 

いくらでも話せる人。

 

解析できない人は大好き。

 

 

 

 

瞬間。

 

目覚めた時に悲しさがない時。

 

すごいねって褒められた時。

 

ものを書く時。

 

世界をひとつ理解した時。

 

頭の中で火花がはじける時、

 

ぱちぱちぱちぱち。音が聞こえる。

 

 

 

 

子ども。

 

子どもは好き。

 

さらさらの髪。

 

すべすべでぷにぷにしたほっぺた。

 

透き通った瞳。

 

柔らかくてあたたかい小さな手。

 

よく笑うところ。

 

感情を恐れず出せるところ。

 

素直な感性。

 

舌ったらずな話し方。

 

抱きしめてくるところ。

 

まっすぐに向けてくる愛情。

 

没頭の才能。

 

 

 

 

そんな 好き、好き、好きの羅列を

アスタリスクで束ねていったらね、

気付けばそこが 檻になってた。

タイトルとURLをコピーしました