生き方働き方

生き方働き方

正規雇用の教員と常勤講師の教員で待遇の違いを比べてみた。給料はどのくらい?退職金やボーナスは?

はじめに なるさわばしこ、元小学校常勤講師です。   正規雇用の教員と、常勤講師の教員では、待遇面でどのような違いがあるのでしょうか? 発信をする中で、よく受けた質問です。   来年度から学校現場で働く予定の学生さんや社会人の方向けにこの...
生き方働き方

積極的講師とは?定義、働き方の例まとめ

なるさわばしこによる造語、「積極的講師」。 昨年10月に公開した、以下の記事は多くの反響を呼びました。     学校教育現場における新しい働き方を提案したものですが、 「救われた」という肯定的な意見もある一方、 「非正規の癖に何を偉そう...
生き方働き方

なるさわ、先生やめるってよ

  私事ですが、このたび   先生の職を一旦辞することにいたしました。   ※本記事は、旧ブログ「なるさわばしこLABO」から修正を加え、転載したものです。2019年10月現在、「創作物だけで月収20万円」の目標は達成できていませんが、日...
生き方働き方

なるさわばしこをプロデュースせよ②超ワクワクなキャリアプランと未来の展望

私は教育カテゴリに片足を突っ込みつつも、 もう一本の足をあちこちのカテゴリの海に探索させています。   それは渡り鳥のような生き方。 私は教育カテゴリの掘削の深度こそ深くないものの その分他分野も同時並行で掘り進めています。 外側から、またはたくさんのカテゴリを並べて俯瞰的に教育を見つめています。  私にしかない視野であり、視座です。   あらゆる世界を見て その良さも課題も把握し、しばらくしたら飛び立つ。 それぞれの世界を巡りながら それぞれの世界に「こんな考えもあるよ」と 橋をかける。   言葉によって、たくさんの世界を繋ぐこと。 それが私のやりたいことです。   外側から、俯瞰的に物事を把握できる力は 私が生き抜くために絶対に必要な「見えない資産」。 だからいつでも離れられる1年契約の講師という立場は 私にとってとてもメリットがあるし、 生涯雇用の正規になることはリスクが高い。     「教育」を徹底的に掘削し、人生を捧げる生き方も、もちろん素晴らしいと思います。 掘削しないと見えないものもありますからね。 ただ、生き方は色々。ひとつが正解ではないはず。   私は人生の中で、時々先生をやりたい。 たくさんの仕事をし、「タグ」を着替えるように付け替えながら、自分の広がった視野を子ども達に見せてあげたい。   教育「しか」できないではなくて 教育「も」できる先生。 その「も」の数は、多ければ多いほど面白い。     他の海でも生きていける証明こそが 子ども達に示せる 私なりの誠実さなのです。    

生き方働き方

なるさわばしこをプロデュースせよ①異才を伸ばす弱者流生存戦略

私は私なりに戦略を練ったうえで 教採を受けず 講師を続けることにしました。 今後のキャリアデザインを考える上で 発信は欠かせない要素です。   なるさわばしこは逃げてはいない。 積極的に未来を選択している。   今回はそうした結論に至った 私の頭の中を大公開していきます。

生き方働き方

先生として働きたい皆様へ、積極的講師という提案。

      ※本記事は、旧ブログ「なるさわばしこLABO」の「積極的講師という選択」に修正を加えた上で、転載したものです。2019年現在、なるさわばしこは退職し、今は小学校の先生ではありません。転載にあたって、記事執筆当時を振り返った「懺...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました